福島の復興・環境再生に向けて

中間貯蔵工事情報センター 取材ページ|大熊町の施設

■福島の環境再生に向けた取り組み 
中間貯蔵施設は、除染により発生した土壌等を最終処分するまでの間、安全かつ集中的に貯蔵するための施設です。当センターでは中間貯蔵工事(福島県内各地からの除去土壌等の輸送、処理・貯蔵、再生利用の取り組みなど)についてご案内しています。
また、施設が立地する「大熊町」「双葉町」の情報も紹介しています。

■ドハマりポイント
原発事故に伴う除染で発生した除去土壌を一定期間貯蔵するための施設が中間貯蔵施設です。
2015年3月に福島県の大熊町、双葉町にある中間貯蔵施設への除去土壌の輸送が開始されました。国は2045年3月までに福島県外に最終処分場を探して、除去土壌の搬出をするとしています。福島の復興を進めるためにこの問題をこれ以上先送りすることができません。
中間貯蔵施設の現状や最終処分までの流れ、除去土壌の再生利用についてなどを学び、一人ひとりがどのようにしていくのかを考える機会にしてはみてはいかがでしょうか。

■施設紹介
〈映像でみる中間貯蔵施設〉
主な施設のほか、地域の人の思い入れのある学校や神社等の地元の風景を、ドローン映像によりご覧いただけます。
〈展示コーナー〉
工事のそれぞれの段階(輸送、受入・ 分別施設、土壌貯蔵施設での処理、再生利用の取組等)の概要と最新の状況について、パネルとモニターを用いて紹介します。
〈映像上映コーナー〉
工事の全体像(輸送から受入・分別施設や土壌貯蔵施設での処理等)を映像で紹介します。
〈大熊町・双葉町コーナー〉
施設が立地する大熊町、双葉町の歴史、文化や復興に向けた取り組みなどを、パネルとモニターを用いて紹介します。
〈放射線モニタリング情報〉
中間貯蔵施設の放射線モニタリング情報をご覧いただけます。

   
■新型コロナウイルス感染拡大予防対策
入口での検温へのご協力と、マスクの着用をお願いいたします。
健康状態等による来館の自粛について、以下に該当する方の入館はご遠慮いただきます。
・ 新型コロナウイルスの感染者と接触し、濃厚接触者とされた方
・ 発熱(37.5℃以上)や咳、のどの痛みなどの風邪の症状がある方
・ 息苦しさ、強いだるさ、味覚や嗅覚への違和感などがある方
・ 海外から帰国して2週間以内の方
・ 緊急事態宣言が発令されている都道府県から来訪された方
 

INFORMATION企業情報

名称 中間貯蔵工事情報センター 取材ページ|大熊町の施設
(チュウカンチョゾウコウジジョウホウセンター)
電話 0240-25-8377
住所 〒979-1302 福島県双葉郡大熊町大字小入野字向畑256 アクセス
開館時間 10:00~16:00
休館日 毎週日曜・月曜(月曜日が祝日の場合は翌平日)
年末年始
入館料 無料
駐車場 乗用車約40台、大型バス3台
公式URL https://www.jesconet.co.jp/interim_infocenter/index.html
TEL:0240-25-8377
施設からみなさまへ
施設からみなさまへ

中間貯蔵施設は1600haと広大です。
ドローン映像で、施設や町の風景に触れてください。
そして、区域内の見学会にぜひご参加ください。
見学を通じて福島の現状の一端を感じて頂ければと思います。
ご要望に応じて案内をさせて頂きますので、是非、お越し下さい。
スタッフ一同お待ちしております。