毎月開催【見学会】

中間貯蔵施設見学会 取材ページ|大熊町のイベント

中間貯蔵施設は、福島県内の除染で発生した土壌や廃棄物を最終処分するまでの間、安全かつ集中的に貯蔵するための施設です。
環境省では、この取組を広く知っていただくため、定期的に見学会を開催しています。

■ドハマりポイント
工事の進捗状況などの案内を聞きながら、中間貯蔵施設の現状を見学できます。
施設の大きさ等、現地の雰囲気を感じることができます。




   
■新型コロナウイルス感染拡大予防対策
見学会にお越しの際はマスクの着用と手指消毒、検温にご協力をお願い致します。また、体調の優れない方は参加をお控えいただきますようお願い致します。団体様(20名様以上)のお申し込みの場合は入れ替え制でのご案内とさせていただいております。ご了承ください。
 

INFORMATION施設情報

名称 中間貯蔵施設見学会 取材ページ|大熊町のイベント
(チュウカンチョゾウシセツケンガクカイ)
電話 0240-25-8377
住所 〒979-1302 福島県双葉郡大熊町大字小入野字向畑256 アクセス
開催予定時間 ■大熊コース ■双葉コース
各日 午前10:20~午後12:20(集合時間午前10:10)午後1:30~午後3:30(集合時間午後1:20)
※2022年4月以降の予定については、随時専用ホームページにアップしていきます。
集合・解散場所 中間貯蔵工事情報センター
※区域内の移動はマイクロバスになります。
所要時間 約2時間
参加料金 無料※事前のお申込みが必要です。
見学時のお願い 15歳未満の方や妊娠している方の見学はお控えください。
運転免許証等の公的機関が発行した顔写真付きの身分証をご持参ください。帰還困難区域の立入ゲートにおいて、本人確認を行います。申込書の内容と身分証の内容に相違がある場合、ゲートを通過できません(例えば、身分証の姓が申込書と異なっている場合等)。
中間貯蔵工事情報センター(福島県双葉郡大熊町大字小入野字向畑256)に、決められた時間までにお越しください。
見学中は、スタッフの指示に従ってください。他の迷惑になる行為等があった場合には、見学を中止させていただく場合があります。
貴重品はご自身で管理してください。
天候不良等の場合、見学を中止・変更させていただく場合があります。
盲導犬、介助犬、聴導犬等以外のペットを連れての見学はできません(一時預かりもできません)。
見学中は、車内での水分補給は可能ですが、食事や喫煙は禁止です。
見学中にトイレはありませんので、見学前にお済ませください(中間貯蔵工事情報センターにあります)。
受入・分別施設や土壌貯蔵施設などの施設の写真撮影は可能です。なお、プライバシー保護の観点から、車窓から見える個人、家屋等についての撮影はご遠慮ください。また、動画撮影や録音も、他の見学者のご迷惑になりますので、ご遠慮ください。
見学の様子を、個人を特定できないかたちで環境省やJESCOのホームページ等で紹介させていただく場合があります。
区域内見学の方は、半袖・短パン・スカート・サンダル等肌が露出する服装はお控え下さい。
降車見学の方には、ヘルメット・綿手袋・マスクを装着いただきます(当センターで準備)。
降車された方は見学後、靴底のスクリーニング(放射線による表面汚染検査)を実施いたします。
公式URL https://www.jesconet.co.jp/interim_infocenter/observation.html
TEL:0240-25-8377
施設からのメッセージ
施設からのメッセージ

原発事故に伴う除染で発生した除去土壌の処理状況から福島の復興を感じていただくことが出来ますので、是非、お越し下さい。スタッフ一同お持ちしております。